【重要】職業訓練のコース選びで見落しやすいポイント2

訓練コース・選考

わたしがコース選びを重要と考えるのには理由があります。

それは同じクラスに「思っていた訓練内容と違った」と言って、途中退校してしまった人がいたからです。

また、辞めるまではいかなくても訓練がスタートしてから悩む人は意外と多いのです。

では、なぜこのようなことが起こってしまうのでしょうか?

今回は、コースを選ぶときに意外と見落としがちな重要ポイントを2点ご紹介します。

ポイント① 訓練のレベルが合っているか?

職業訓練のレベルが合っているか

わたしのクラスには、訓練のレベルが合わずに苦しんでいた人は多くいました。コース選びの段階では「始まってしまえば何とかなる」と考えてしまいがちです。
しかし、レベルは高すぎても低すぎてもダメなんです。

訓練が難しすぎると授業に着いて行けず、途中で挫折してしまいます。反対に低すぎると、訓練に出席する意味がありません。

意外に失敗する人が多い

わたしのクラスにはどちらのパターンの人もいました。授業が分からなくてやる気を無くしてしまった人や、資格を既に持っていて授業中に別の勉強をしている人もいました。

これではせっかくの3ヶ月がムダになってしまいます。

自分の求めるレベルを明確にする

✔就職先では何の知識が必要か?
✔何の資格を取りたいか?
✔何級が目標か?

このような視点から、自分はどのレベルを求めているのかをしっかりイメージしておくことが大切です。そして自分の目指すものと、訓練内容があっているかチェックしてみてください。

募集案内には訓練内容のほか、就職先、取得資格の目安も書かれていますし、ハローワークで相談してみるのも良いでしょう。

その訓練で3ヶ月間学べるか

必ずしも希望に合う訓練が見つかるわけではありませんよね。選べるほど種類がなかったり、開校のタイミングが合わないことだってあります。

そんな場合でも、訓練での目標はしっかりイメージしておくことが大事です。その上で3ヶ月なり6ヶ月、1年、その訓練コースで勉強できるのか再度自分に問いかけてみましょう。
軽い気持ちで訓練を選ぶ人もいますが、3ヶ月は思った以上に長いです。


ポイント② 専門科目と就職支援のどちらを重視するか?

専門科目と就職支援のどちらを重視するか

専門科目と就職支援に分かれる

訓練内容は、資格取得などを目標とした専門科目と、仕事に必要な事柄を習得したり早期就職をサポートするための就職支援の授業に分かれます。これはどの学校にも当てはまることです。

注意してもらいたいのは、専門科目と就職支援の授業の比率が、学校によってバラバラだということです。

つまり、就職支援に多くの時間を割いて力を入れている学校もあれば、専門科目を重視していて就職支援は形だけになっている学校もあるのです。

自分がどちらを重視するか

わたしの選んだ訓練は後者の、専門科目に力を入れている学校でした。わたしは資格取得を目指していたため、専門の授業をみっちりおこなう訓練校で良かったと思っています。

それとは反対に、訓練の後半は就職支援に多くの時間を割いている訓練校もあります。職業訓練は就職までの“つなぎ”で、とくに資格などは考えていない人には、就職支援に重きを置く学校が適してきます。

判断のめやす

めやすとしては、3ヶ月の訓練で就職支援の時間が20~30時間であれば少ない方になります。反対に70~80時間以上あれば多い方です。

どちらが良いかは個々の目標により変わってくるので、自分に合った学校を選ぶようにしてください。


まとめ

今回ご紹介した2点は、訓練に申し込む前には意識していなかったポイントです。実際に訓練を受けて実感したことや、周りを見ていて気づいたことでした。

コース選びの段階でこれら2点を見極めるには、やはり説明会に参加するのが一番です。

募集案内には書かれていない詳しい情報が得られるほか、何より自分の目で見て、気になる点を質問できるのは大きいです。資格取得や就職につながるような訓練生活を送るためにも、自分に合ったコースを選んでくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました