職業訓練3ヶ月目!就活で書類選考を突破するための2つの戦略

就職活動

就職活動の第一段階は、何と言っても書類選考ですよね。企業の採用担当者に会う前に、履歴書や職務経歴書の書類だけで自分を判断されてしまいます。

書類選考を通過しないと、土俵にも上げてもらえないわけです。

職業訓練の3ヶ月目。資格試験の結果待ちの期間を利用して、わたしは履歴書と職務経歴書の仕上げに取り掛かっていました。

この期間でやった2つの戦略で、のちの書類選考を高確率で通過することができました。

今回は、書類選考を突破するための2つの戦略を紹介します。

戦略① キャリアコンサルタントの活用

キャリアコンサルタントに相談

キャリアコンサルタントとは?

キャリアコンサルタントとは、キャリアコンサルティングをおこなう専門家のことで、平成28年に国家資格となりました。
職業についての相談に応じ、助言や指導をすることで自分に合う仕事を主体的に選択できるよう導きます。

職業訓練校に在席

訓練校にはキャリアコンサルタントが在席していて、就職支援の授業をおこないます。
時間不足などの理由により授業としてはイマイチではありましたが、わたしは授業外で個別に対応してもらいました。

キャリアコンサルタントを活用するメリットは、以下の通りです。


メリット① 方向性がつかめる

これまでわたしはフリーターや派遣の経験しかなかったため、正社員への転職活動に不安を抱えていました。他の応募者と同じ土俵に上がるために、自分に誇れるものが見つけられず、何を応募書類に書いてアピールすればいいのかも分かっていませんでした。

キャリアコンサルタントとのやり取りは、いくつかの質問に答えながら、自分の業務経験を掘り下げていく形式でおこなわれました。

✔どれくらい仕事量をやっていた?
✔何か工夫していたことは?
✔ミスをしないために気を付けたことは?

などの簡単な質問ではありますが、経験を整理していく中で何が自分の強みでありそれをどうアピールしたら良いかが次第に分かってきたのです。方向性を示してもらっただけでなく、自信につなげることもできました。

メリット② 第三者の視点で見られる

応募書類を作成したあとは、添削指導をお願いしました。

まずは相手に言いたいことが伝わるかどうか、次に自分をアピールできているかどうかを第三者の視点でチェックしてもらいました。言い回し1つで相手に与える印象は違ってきます。

自分では気付かない点を指摘してもらえるので、第三者に添削してもらうメリットは大きかったです。

メリット③ プロの意見が聞ける

わたしはおもに応募書類の作成についてキャリアコンサルタントの力を借りましたが、就活に関することであれば就職相談面接指導などをお願いすることもできます。

キャリアコンサルタントは、これまで何人もの訓練生を見てきているプロなので、どのアドバイスも的確でとても役に立ちました。

転職が初めての方や、就活がうまくいかない方、わたしのようにどのように取りかかっていいか分からない方は、相談してみると良いでしょう。


戦略② 転職サイトのカラ応募

次におこなったのは、転職サイトを利用したカラ応募です。カラ応募とは、言いかえれば「お試し応募」みたいなものです。

今では転職サイトを利用して転職活動をおこなうのが主流ですよね。転職サイトには応募フォームがあって、自分のプロフィールなどの必要事項を入力するとそのまま企業に応募することができます。この応募フォームは、履歴書と職務経歴書を合わせたような内容になっています。

キャリアコンサルタントに添削してもらった内容を応募フォームに入力し、希望条件に近い企業にカラ応募しました。

なぜカラ応募なの?

実際の企業の反応が簡単に分かるからです。どれだけ自分で良い応募書類ができたと思っても、企業の採用担当者の目に止まらなくては意味がありませんよね。

だから本命の企業に応募する前に、実在するいくつかの企業にお試し応募しました。

転職サイトを使ったカラ応募のメリットは次の5つです。

メリット① 例文がある

転職サイトには、職業別に応募書類の記入例が載っています。どのように書いていいか迷うのであれば、この例文をベースに作っていくのも1つの方法です。


また、いくつかの質問に答えていくだけで簡単に職歴を作成してくれるサービスもあるので、いくつかのサイトを参考にするのも良いです。

メリット② リライトが何度でもできる

転職サイトの応募フォームは、何度でも書き直しが可能です。スマホがあれば書く場所も選びません。わたしは休み時間や電車の中など、何度も読み直しながらコツコツと仕上げていきました。

メリット③ ボタン1つで簡単応募

転職サイトで気になる企業があれば、ボタン1つで簡単に応募ができます。応募フォームの内容で書類選考がおこなわれるので、履歴書や職務経歴書を企業ごとに印刷し、郵送する手間がかかりません。

メリット④ 何社でも応募できる

応募に上限はありません。気になる企業があれば何社でも応募することができます。

しかしいくらボタン1つで応募できるとは言え、内容を使いまわしていたら相手にも分かりますよね。転職サイトでは、応募する段階で応募フォームの内容をその企業に合わせて加筆修正することも可能です。

メリット⑤ 結果が出るのが早い

書類選考の合否の連絡は、1日〜1週間とスピーディーです。書類を郵送する手間がない分、とても速いですね。企業の反応によって内容を練り直し、ブラッシュアップしていくことができます。


まとめ

これら2つの方法で応募書類を準備したので、本命の企業に応募してからは、高確率で書類選考を通過することができました。

就活がうまくいかない方や、どのように進めたらいいか不安に思っている方は、身近にいるキャリアコンサルタントに相談するのも1つの方法です。自分とは違う視点からアドバイスをもらえるので、とても参考になりますよ。

転職サイトは、スマホがあれば時間や場所を選ばず利用できます。カラ応募でもし選考を通過すれば、そのまま選考を進めることもできるのでぜひ活用してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました