職業訓練後の追跡調査とは?!3ヶ月で就職できなかったらどうなるの?

就職活動

職業訓練の修了から3ヶ月間は、就職状況を把握するための追跡調査があります。その調査はどのようにおこなわれ、どのような内容なのでしょうか。

また、3ヶ月で就職が決まらなければどうなるのでしょうか?

今回は、職業訓練の追跡調査についてお話します。

追跡調査とは?

職業訓練は、国の予算により運営されています。

こうした背景から、職業訓練の効果を検証して今後の運営に役立てるために、受講した全員を対象として追跡調査がおこなわれます。

就職率がカギ

職業訓練は専門学校などが都道府県から委託され、訓練をおこなっています。都道府県は適正な訓練が実施されているか、評価しなくてはいけません。

そこで指標となるのが就職率です。この就職率を算出するために、追跡調査は欠かせません。

近年、少子化等の影響で専門学校は生き残りが難しくなっています。わたしの通っていた訓練校では、本科生としての外国人の留学生を多く見かけました。

職業訓練は専門学校が生き残るための一つの手段であり、その実績が就職率によって判断されます。

そして就職率の高さによって、訓練校に報奨金が支払われる仕組みになっています。

調査方法は?

職業訓練でのい就職状況の調査方法は?

訓練修了から3ヶ月間

訓練は3ヶ月以内の早期就職を目的として実施しているため、調査は修了から3ヶ月後までおこなわれます。これは訓練の募集要項にも明記されていることです。

1ヶ月ごとに実施

調査は、訓練の修了時、1ヶ月後、2ヶ月後、3ヶ月後の計4回にわたって実施されます。

訓練の修了時にすでに就職が決まっていれば、調査はおこなわれません。また、調査の途中で就職が決まった場合は、就職の報告をすればそこで終了となります。

郵送で提出

訓練の最終日に、就職状況報告書というアンケート用紙と返信用封筒が配布されます。

修了時の第1回アンケートはその場で記入して提出し、残り3回のアンケートは1ヶ月ごとに郵送します。

訓練校を通して提出

調査は訓練校を通じておこなわれます。学校ごとにアンケート用紙を回収し、まとめて本部へ送られます。

提出期限を厳守

調査は各回ごとに、本部への提出期限が定められています。

わたしの通っていた訓練では、あらかじめ個人のメールアドレスや電話番号を伝えていて、提出期限が近づくと一斉メールで通知が来ました。

もし期限までに提出しなかった場合は、メールや電話で訓練校から直接連絡が入るそうです。訓練校にとっては重要な意味を持つ調査なので、回収は徹底しておこなわれます。


報告する内容は?

アンケート用紙(就職状況報告書)には、提出する時点での自分の状況を記入します。

もし、就職していれば就職先の情報や雇用形態について、就職していなければその理由を記入して提出します。

雇用形態は問わない

就職といっても、正社員に限りません。契約社員、派遣社員、パートやアルバイトでの就職も含みます。
そのほか、請負、起業、青色専従者となった場合も就労として報告します。

就職先の情報を細かく記入

就職した場合は、就職先の情報を細かく記入します。

・企業名
・住所
・連絡先
・業種
・雇用形態
・雇用期間
・週の所定労働時間 など

このほか、訓練でおこなった内容を就職先で活用しているかどうかを記入する欄もあります。

証明が必要

就職した場合は、アンケート用紙とともに就労を証明する書類の添付が必要です。

雇用証明書、請負契約書、開業届、青色専従者届出書などのコピーを提出します。

就職していない場合

就職が決まらない場合は、未就職の理由を記入します。就職活動をしているかどうかで分かれており、回答は選択式になっています。

就職活動をしている場合

・適当な職種に求人がない
・年齢に合った求人がない
・賃金が希望と合わない
・労働時間が希望と合わない
・通勤時間が希望と合わない
・休日が希望と合わない
・労働環境が希望と合わない

就職活動をしていない場合

・健康上の不安
・結婚、出産
・介護 など

就職しなかったらどうなるの?

職業訓練後に就職できなかったら?

就職先がなかなか決まらないことや、さまざまな事情で就職しない人もいるでしょう。訓練校との関わりは気になるところですよね。

実際には3ヶ月後まで就職が決まっていなくても、特に何もありません。そのことで訓練校から連絡が来るわけではないので安心してください。

しかし職業訓練校にとって就職率は、生き残りを掛けた生命線のようなものです。少しでも就職率を上げたいのが本音ですが、アンケートの結果について指導する権限がないのが実状です。


まとめ

訓練校はこの報告内容をもって実績評価をされるので、かなりシビアです。提出期限がしっかり決められているため、遅れないように何日も前から催促のメールが届きます。

しかし就職が決まらないからといって、電話がかかってきたり、就職を促すような指導があるわけではありません。訓練後の訓練校とのつながりは、アンケート用紙のやり取り以外にはないので安心してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました