職業訓練中のストレス!原因は意外なアレだった?!

7

職業訓練を受ける多くの人に当てはまるのが、退職や転職といった大きな転換期であることです。


この人生の節目に、職業訓練校で新しい生活を始め、慣れない勉強をして資格まで取ろうなんて意気込んでいると、身体は相当なストレスを受けることになります。

わたし自身、訓練の3ヶ月目にインフルエンザで寝込んでしまったことがありました。体調が戻るまでは1週間ほどかかり、あそこまで身体を壊してしまったのは、社会人になって初めてのことでした。

 

訓練では8割以上の出席が必要なので、体調管理はしっかりしておかないといけません。

 

今回は、訓練で注意しておきたいストレスの意外な原因についてお話していきます。

 

 

 

職業訓練で知っておきたいストレスの原因4つ

 

 

原因 /靴靴た祐峇愀犬旅獣

職業訓練では、数名〜20名ほどの少人数が一緒に3ヶ月を過ごします。

 

その場限りの関係だと割り切っても、誰かとギクシャクしていては3ヶ月を過ごすのが大変ですよね。

たった3ヶ月とはいえ、この小さなコミュニティの中でうまくやっていくのはとても大切なことです。

 

なるべく無難に、できれば楽しく訓練生活を過ごすには、最低限のコミュニケーションは必要です。

そして年齢も職業も経験もバラバラな人たちの集まりの中では、やはり気を使うことも多いです。初めて顔を合わせる者同士、当たり障りない関係を保つことでさえストレスになります。

 

人間関係が心配?!職業訓練で悩むあなたに4つのアドバイス

 

 

 

原因◆。影中授業を受けることの大変さ

訓練では朝から夕方まで授業があり、拘束時間は6、7時間になります。

 

「仕事より時間が短いからラクでしょ!」と思う方も多いでしょう。わたしも訓練がスタートするまでは軽い気持ちでいたのですが、実際はその逆でした。

というのも、訓練中は次のようなことがあるからです。

 

 

座りっぱなし

わたしはこれまで事務の仕事をしていたので、座りっぱなしには慣れているつもりでした。

 

しかし仕事中は、コピーを取ったり、お茶を入れたり、こまめに立つ機会があります。

それに対し、訓練中はトイレに行く以外にほとんど立つことはありません。硬い椅子に長時間、座りっぱなしになります。
 

 

 

受け身の授業

訓練では、時間の感じ方が全く違います。

 

仕事では、自分から能動的に作業することが多いと思います。それに対し訓練は、先生が教壇に立ち一方的に話すスタイルです。

 

説明を聞いている時間が長く、常に受け身の姿勢でいることになります。そこで難しい話をされたら、もう苦痛でしかありません。仕事とは違い受け身の授業では、時間が経つのがとても遅いのです。

 

時間的に言えば、確かにフルタイムで働くよりはラクかもしれません。しかし新しい環境で慣れない勉強をするのは、ある意味仕事よりも疲れました。

 

学生時代とココが違う!職業訓練校の授業の5つの特徴

 

 

原因 先行きが見えなくて不安

筆記試験や面接に合格して、とりあえず職業訓練に通うことになりましたが、もちろん"職業訓練"がゴールではありません。

 

肝心な就職は決まっていないのです。

「いい会社見つかるかな?」「就職活動うまくいくかな?」…考え出したらキリがありません。独り身でなければ尚さらプレッシャーがかかります。

将来どうなるか分からない不安な気持ちは、常に心の片隅に重くのしかかっていました。

 

正直、期待ハズレ!職業訓練の就職支援とは?

 

 

 

原因ぁ〇餝併邯海離廛譽奪轡磧

資格を就活に役立てようとすると、チャンスは限らます。

わたしは訓練中に必ず資格を取る!という目標を掲げていたので、訓練中はいつに無く張り切って勉強していました。

 

睡眠時間を削ったり、すきま時間に勉強したりと、考えてみれば学生以来の試験勉強です。

あなたは学生の頃、試験勉強はどのようにしていましたか?

計画的にコツコツとやる派ですか?それとも、ギリギリになってから一夜漬けする派でしょうか。徹夜を何日も続けて、ちょっと無理をしていた方も多いでしょう。


しかしそんな日々を続けていたら、身体を壊します。

 

わたしは試験勉強というと学生の頃のイメージがあり、資格試験のために毎日夜遅くまで勉強していました。
その結果、社会人になって初めて寝込んでしまい、訓練に通うことができるまで回復するのに1週間かかりました。

 

もう若くはありません。若い頃と違って無理できる身体ではないのです。

 

職業訓練を休むと手当が不支給に?!欠席・遅刻・早退の注意点

 

 

まとめ

ここまでストレスの原因についてお話してきましたが、そうは言ってもわたしは独身なので、ある程度の余裕はありました。これが家庭を持つ方だったら、慣れない生活と先行きのプレッシャーにもっとストレスを感じることでしょう。


実際に体調を崩した経験を通して学んだのは、自分が思っている以上に、身体はストレスは受けているということです。

 

今になって考えれば、退職や転職は人生においてそう経験するものではありませんし、不安を抱えていて当然です。しかし、職業訓練では資格取得や就活に意気込んでいるので、ストレスに気づくことはできませんでした。訓練では学生気分に戻ってしまうかもしれませんが、昔のようにもう無理がきく年齢でもありません。

 

しかし、これが訓練中で良かったとも思います。就活の時期や、新しい会社に入ってから寝込む訳にはいかないですからね。
自分の身体と向き合って、体調管理には十分に注意してくださいね。

 


スポンサーリンク
<< 共感できる?!職業訓練で好かれる講師、嫌われる講師の共通点 | トップページ | ストレスの影響?!職業訓練中の私の体に起こった6つの変化 >>